1. HOME
  2. 歯と口のトラブル歯が原因で副鼻腔炎になる?意外な歯と副鼻腔炎の関係について

歯が原因で副鼻腔炎になる?意外な歯と副鼻腔炎の関係について

歯が原因で副鼻腔炎になる?意外な歯と副鼻腔炎の関係について

「副鼻腔炎」と歯は実は意外と関係しているんです

風邪をひいたときや鼻水がたくさん出ると鼻をかむ機会も増えます。するとなんだか鼻の辺りに違和感を感じる、いやもしかしたら歯が痛いのかもしれない、などと口元に違和感を覚えるようなそんな症状が起きることがあります。抵抗力が弱って歯が痛くなったのかな、ではなく実はこの症状「副鼻腔炎」である可能性が考えられます。

副鼻腔炎とは粘膜が腫れ上がり鼻づまりが起きるなど、非常に不快な症状です。急性症状であれば治りますが、治らないまま慢性化することもあります。副鼻腔は鼻の横あたり、ちょうど上顎の歯の部分に近いこともあり、そのため歯の痛みではないかと感じることが多いのです。

おかしいなと感じた時は耳鼻科へ行ってみましょう

ひどい状態になると何もしなくても強い痛みを感じることがあります。また、鼻をかむことで刺激されて痛みが強くなる場合もありますので、あまり鼻を強くかまないことをおすすめします。実際に副鼻腔炎の炎症が歯の根の先に広がり直接的な痛みを感じさせることもありますので、もし鼻に少しでも違和感があれば医師の診察を受けるようにしましょう。歯の痛み以外にも頭痛や口臭など様々な症状が出る場合があります。自然と症状が治まることもありますがなかなか治らない、不快感が強いという場合は必ずお医者さんに診てもらうようにしましょう。慢性化すると非常に厄介ですので、早めの対策がおすすめです。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.