1. HOME
  2. 歯と口のトラブル顎が痛くて口が開かない?顎関節症の特長と原因について

顎が痛くて口が開かない?顎関節症の特長と原因について

顎が痛くて口が開かない?顎関節症の特長と原因について

顎に異常を感じたら「顎関節症」の疑いアリです

なんとなく顎に違和感を感じる、痛みが発生していると感じている方は意外と多いようです。顎は食べ物を噛む時、喋るときなど一日中動かす大事な部分でもあります。この顎に異常が起こっているということは、非常に厄介なもの。おかしいな?と思ったらまずは診察を受けるのがベストです。

多くの場合この顎の異常は「顎関節症」と呼ばれるものです。昔はこの症状の原因は噛み合わせが異常である場合に起こる、と言われていました。しかし現在はそれだけではなく、いくつもの要因が絡み合って起こるのではないかと考えられています。その症状が出やすい、出にくいという個人差はあるものの、一定の負荷がかかれば誰でも起こる可能性はあります。今は大丈夫だから、と油断していると危険なのです。

顎関節症を予防するために気をつけるポイント

顎関節症が起こりやすい人の特徴として、日常的に歯を食いしばるクセがある方、ストレスを感じやすい方、偏った方ばかりで物を噛むクセがある方があげられます。これらが一時的なものでそうなるのではありませんが、毎日積み重なっていくことで顎関節症の症状が出ます。つまり日常的な生活習慣を見直すことで改善させることが可能なので、医師と相談しながらじっくり治療していきましょう。顎関節症は身近な症状の一つです。自分の噛むクセは大丈夫なのか、一度気になる点を含めて見直してみてはいかがでしょうか。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.