1. HOME
  2. 歯と口のトラブルインプラントと差し歯はどう違うの?特長を知って違いを比較しよう

インプラントと差し歯はどう違うの?特長を知って違いを比較しよう

インプラントと差し歯はどう違うの?特長を知って違いを比較しよう

差し歯とインプラントは似ているようで大違い!です

最近「歯をインプラントにしている」ということをよく耳にするようになりました。インプラントって何?差し歯のことじゃないの?と、よく差し歯と混同されますがインプラントと差し歯は似ているようで全く別のものです。簡単に説明すると、差し歯と呼ばれるものは、歯の中に人工の歯のついた金属を土台として埋め込むもの。それに対してインプラントはチタンの歯根を直接骨の中に埋め込むことで、それ自体全てが歯のように扱われます。

差し歯の場合は、条件として歯の根っこが残っていること。つまり歯が全く抜け落ちてしまった状態では差し込む場所もありませんので、差し歯にするということが不可能なのです。インプラントならば歯を補うことが可能になりますが、このふたつの大きな違いは「費用」がまずひとつあげられます。差し歯は一般的に保険治療ですが、インプラントは自由診療のため数十万円かかるなど高額なことが特徴なのです。

メリット、デメリットはそれぞれにある

いずれの場合もそれぞれ良い面、悪い面があります。先ほどあげたように費用という面でもかなりかかりますので、どちらがより完璧な治療であるかは一概には判断しきれません。ですから今自分が選択できる中でベストな判断ができるよう、歯科医と相談しながら治療方針を考えていくことが最も正しいと言えるでしょう。差し歯とインプラント、あなたにとって必要なのはどちらか。決めるのは自分自身です。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.