1. HOME
  2. 歯と口のトラブル痛くない虫歯に要注意!そのまま放置しておくと危険な理由とは

痛くない虫歯に要注意!そのまま放置しておくと危険な理由とは

痛くない虫歯に要注意!そのまま放置しておくと危険な理由とは

痛くないから大丈夫ではない!虫歯を放置してはいけない理由とは

虫歯になると甘い物や冷たい物が歯にしみる、なんて表現をよく耳にします。普通であればその段階で歯医者さんへ行って治療を受けること、これで辛い痛みともお別れできるはずなのですが、歯医者は怖いから、とか行かなきゃいけないのは分かっているけれど忙しくて、など何かと理由を付けて歯医者に行かない方も少なくありません。あくまでも痛みは個人差があるため、激しく痛む場合もあればそれほどでもない、など程度によっては放置してしまう方も少なくないのです。

厄介なのはこの段階ではなく、ある程度時間をおいて「痛みがおさまってきた」という時です。残念ながら現在はまだ虫歯が自然治癒するということはありません。必ず歯医者に行かなければ治すことはできませんが、実は虫歯もある程度放置しておくと痛みを通り越してしまい何も感じないようになってしまうことがあります。「これはラッキー」と思った方はさすがにいないとは思いますが、痛みから解放されてちょっと安心したと感じる方もいるのではないでしょうか。いいえ、これこそ虫歯が進行している証拠でもあるのです。

なぜ虫歯は進行すると痛みがなくなってしまうのか、またそこまで進行することで歯は一体どんな状態になっているのか。少し詳しく歯についてお話ししていきましょう。今虫歯がある方はすぐに歯医者に駆け込みたくなるかもしれません。

虫歯を放置するということは多くの危険が潜んでいる

まず、なぜ痛みがおさまるのか、この仕組みを簡単に説明しましょう。ずばり一言で言ってしまうと「神経が死んでしまっている」という可能性が指摘されます。歯髄壊死といいますが、これは歯に栄養を与える神経が死んでしまい再生能力を失ってしまった状態のことです。歯はただ生えているだけでなく、たえず見えない部分で働いています。虫歯で痛みが起こるのも、この神経が生きているからこそ。何も感じないということは歯の力が衰え、非常にもろくなってしまっているのです。

もろくなるということは、当然折れたり割れたりしやすくなります。色も黒ずんでしまうなど、見た目にもいいことはありません。そして歯の状態だけでなく、もっと恐ろしい症状の引き金にもなります。虫歯は骨髄に感染を起こすこともあり、顎の骨まで浸食することがあります。こうなってしまうと最悪の場合骨髄炎という症状を招く恐れもあり危険です。さらに菌が血管内まで入っていくと、心筋梗塞などのリスクも発生します。そう、ただ虫歯を放置するだけで命の危険にも関わってくることがあるのです。

ですから虫歯の痛みが何もなくなった、という時はかなり危険な状態であると言えます。これは決して脅しではなく、自分の体を守るためにとても大切なことなのです。どうでしょうか?あなたの口の中は大丈夫ですか?痛みのなくなった虫歯はありませんか?

適切な治療を受けることで体を守る

何か不安なことが少しでもあるのなら、まずは歯科医へ行ってみましょう。子どもの頃嫌な思いをしたことがある、というトラウマから歯医者が苦手と感じる方も多いですが、最近は色々と配慮してもらえるようになってきています。初診の段階で怖い、苦手であると伝えておくことで色々気遣ってもらえますので恥ずかしがらず伝えるようにしましょう。いくつになっても怖いものは怖い、それぐらいの気持ちで開き直ってみてください。

歯の治療が遅すぎるかどうか、そんなことは自分では分かりません。とにかく今すぐに行動することが自分の歯や体を守るために大切なのです。虫歯はただ歯の病気ではありません。からだ全体と繋がっているんだ、ということを意識してみましょう。

今年も一番売れているのは「なた豆塩はみがき」

© 2020 なた豆歯磨き粉比較NAVI All Rights Reserved.